経済プレミア・トピックス

ポケモンGOで見るべきは「地図アプリとGPS活用」だ

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
提携するマクドナルドの店舗前でポケモンGOをする人のスマホ画面=福岡市中央区で2016年7月22日、和田大典撮影
提携するマクドナルドの店舗前でポケモンGOをする人のスマホ画面=福岡市中央区で2016年7月22日、和田大典撮影

ポケモンGOを読み解く(2)

 部屋にこもる人々を外に連れ出すことに成功し、社会現象を起こしている「ポケモンGO」には、ビジネスのやり方が変わる予兆を見ることができる。情報が人の流れを変えられるようになるからだ。ただ、流れが変わるのは人だけでなく、物についても同様だ。今回は、その変化でどういった影響が出るかを考える。

 ポケモンGOでは、プレーしているスマホの画面上に地図が表示され、その地図上にさまざまな情報が表示さ…

この記事は有料記事です。

残り1958文字(全文2166文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。