スキル・キャリア思いを伝える技術

人にものを頼む文章に欠かせない「誠意、熱意、簡潔」

川井龍介 / ジャーナリスト

 案内の知らせや何かの依頼のメールというのは、毎日のように送られてきます。次のようなメールはよくある案内・依頼文の例でしょう。

 「BCCメールで失礼します。○月○日、渋谷の××で開かれる△△イベントでゲストのひとりとして参加することになりました。つきましては、もしお時間があればぜひみなさまにもご覧いただければと思いご連絡した次第です。また、お知り合いでご興味ある方がいらっしゃいましたら、ぜひお声をかけていただければ幸いです。詳しくは、下記をご覧ください。……」

 別に変わったところや不明な箇所はありませんが、このメールの送り主が、知人になにか連絡してくるときは…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1460文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。