ネットから読み解く経済・社会

ポケモンGOは「スマホの次」の起爆剤になるか

まつもとあつし・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
「ポケモンGO」に熱中する高校生=東京・秋葉原で2016年7月22日、中村藍撮影
「ポケモンGO」に熱中する高校生=東京・秋葉原で2016年7月22日、中村藍撮影

 ポケモンGOは、リリースからわずか数日間で人々の日常を一変させました。珍しいポケモンが出現するスポットは、スマホを片手にたたずんだり歩き回ったりする人々でごった返しています。

 駅のホームでは「歩きスマホ」をしないよう、念入りなアナウンスが繰り返し行われるようになりました。メールチェックと異なり、ただ画面を見るだけでなく、突然立ち止まったり歩く方向を急に変えたりする人が増えたので、筆者もぶつかりそうになって怖い思いをしています。

 ポケモンGOは、現実空間にデジタル情報を加える拡張現実(AR=Augmented Reality)技術を活用しています。スマホのカメラで映し出される現実の風景に、コンピューターグラフィックス(CG)で表現されたポケモンが表示されるARモードを備えています。実際の地図に仮想の目印を設定し、スマホの位置情報と組み合わせることで、ポケモンの発見を演出しているのです。

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1965文字)

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。