社会・カルチャーベストセラーを歩く

太宰と出会った又吉直樹の文学随筆「夜を乗り越える」

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 又吉直樹の「火花」が昨夏、芥川賞を受賞したのは、さまざまな意味でよかった。受賞作の書評はこの欄で書いたので繰り返さない。若者群像の中に笑いの絶対零度(笑いが起こる場所)を追い求めた魅力的な小説だった。

 ただ、又吉の受賞の意味はそれだけではない。かねて、今の日本の小説界には文学の現場と読者をつなぐような役割がどうにもこうにも必要だと強く思っていたのだ。純文学は決して難しいものではない、面白くて役に立つものだと解説できる存在、それが小説の書き手であれば、さらにいいのだが、と考えていたのだ。

 又吉なら、そんなややこしい役割をこなすだろう。彼の率直で謙虚で、しかし安易に妥協しない姿勢は独特な…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1618文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
米ニューヨークで発表されたギャラクシーノート9

サムスン「ギャラクシーノート9」パワフルさが売り

 サムスン電子は8月9日、米ニューヨークでギャラクシーノートシリーズの最新モデルとなる「ギャラクシーノート9」を発表した。グローバ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アンマンのダウンタウンに完全な形で残るローマ時代の円形大劇場(写真は筆者撮影)

ヨルダン首都アンマン「19の丘・特異な地形」の街

 ◇ヨルダン・アンマン編(1) 西はイスラエル(と日本は未承認だがパレスチナ)に正対し、北はシリア、東はイラクに隣接するヨルダン。…

メディア万華鏡
自民党本部前で杉田水脈議員の辞職を求めて抗議する人々=2018年7月27日、宮間俊樹撮影

「生産性ない」発言の杉田水脈議員も差別されている?

 「指導」で終わり? 月刊誌「新潮45」8月号に「『LGBT』支援の度が過ぎる」を寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロッ…

世界透視術
中国の習近平国家主席=2012年11月、隅俊之撮影

対米貿易戦争へ習主席が発した「思想の国家総動員令」

 世界経済がどうなるか、米中貿易戦争の行方にかかっている。米中貿易戦争の行方がどうなるかは、トランプ米大統領と習近平・中国国家主席…

職場のトラブルどう防ぐ?

「早く転職先に」退職意思を伝えた29歳男性の悩み

 A介さん(29)は、職員数約60人の会計事務所に勤務しています。大学卒業後は会社員をしていましたが、税理士資格を取って独立したい…