キャリアセンター ここだけの話!?

内定なし8月の就活生をほめて励ます暑い夏

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 梅雨が明け、連日、猛暑が続いている。昨年の8月1日は採用・選考(面接)の解禁日に当たり、大学の就職活動支援部門も万全の態勢をとり、就活生や企業の採用担当者と連絡を取り合ったものだが、今年は解禁日が6月1日に早まり、多少はのんびりしている。といっても、大手、中小に関係なく、面接を続けている企業もあり、学生からの相談は断続的にある。

 「どうしても総合職にこだわりたい」「今からでも応募できる有名企業はないでしょうか」「まわりが内定、内々定をもらい、一人取り残されて心が折れそうです」。相談内容はいろいろだ。「明日、最終面接なのに、自己PRがうまく言えません」「志望動機を話し出すと長くなっちゃって……」。緊張した表情でキャリア支援センターを訪れる就活生もいる。

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1224文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。