キャリアセンター ここだけの話!?

人事もチェックする就活生「調子乗りすぎ」SNS

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 8月も第2週に入ると、企業の採用担当部門の中には夏休みをとるところもあり、就活戦線は「なぎ」の状態に入ったようだ。大学の就活支援部署も、窓口は開けているものの、訪れる学生は減っている。

 ただ、最近の就活生にはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)という“武器”があって、外に出なくても、それらを駆使して就職関連情報を集めたり、大学職員からアドバイスを受けたりする者もいる。

 例えば、フェイスブックやツイッターやLINEはその一例だ。

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1179文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。