部下を伸ばす上司 ダメにする上司

苦境のチームを引っ張る上司は「見た目9割」

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 小池百合子氏が東京都知事に就任しました。知事選期間中、たまたまJR新橋駅前で街頭演説をする小池氏を目にしました。あざやかな緑のシャツを着ていましたが、その色は小池氏がかつて環境大臣だったことを思い出させ、エコで優しい印象を持ちました。防衛大臣を務めたイメージはまるでありません。見た目は大切です。

悪循環に陥る苦しいチームに対して心がけること

 筆者がIT企業に所属していたとき、システムトラブルの頻発や、開発遅れによる深夜残業と休日出勤は日常茶飯事でした。月の残業時間が100時間を超えることが常態化し、週に2日しか帰宅できないこともありました。

 上司になると、部下たちにそうした働き方を強いることになります。当然、部下たちは疲れて生産性が落ちま…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1562文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。