永代橋から見た東京・佃島の高層マンション=関口純撮影
永代橋から見た東京・佃島の高層マンション=関口純撮影

くらしマンション・住宅最前線

「携帯料金払い忘れ」で家を買えなくなる人たち

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 住宅ローンを組んでマイホームを購入しようとするときは、金融機関による審査が行われる。審査では、借りる人の信用情報が子細にチェックされる。

 高額のマイカーローンを組んでいたり、クレジットカードの延滞履歴があると不利になる……ここまでは、誰でも知っている基礎知識だろう。問題はここから先。住宅ローン審査で意外な落とし穴になる項目がある。それは、携帯電話の割賦である。

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1402文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。