経済プレミアインタビュー

ネット通販企業のビジネスモデルは誰を幸せにするか

編集部
  • 文字
  • 印刷

 ネット通販企業と宅配業者の争いを描いた小説「ドッグファイト」(KADOKAWA)で、現代版「御用聞き」のビジネスモデルを提示した作家の楡(にれ)周平さんは、ネットがなくても工夫次第でもっと便利な仕組みが作れるという。なぜ「いま」それを主張するのか。インタビュー2回目は、ネット通販企業が市場を制覇したときの「怖さ」について語ってもらった。【田中学】

この記事は有料記事です。

残り2436文字(全文2611文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz