経済プレミアインタビュー

超高収益企業コダックはなぜ淘汰されたのか

編集部
  • 文字
  • 印刷

 ネット通販企業と宅配企業の争いを描いた小説「ドッグファイト」(KADOKAWA)を出版した作家の楡(にれ)周平さんは、日本の運送業、宅配企業の潜在能力の高さを実感しつつも、組織が官僚的でつまらないことばかりしているという。一方、東芝や三菱自動車などの不祥事が相次ぎ、最近の日本企業に力強さがない。インタビュー4回目は、不祥事を起こした企業の問題点を分析してもらった。【田中学】

この記事は有料記事です。

残り2388文字(全文2577文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz