経済プレミア・トピックス

シャープは液晶に代わる「収益の柱」を作れるか

大河原克行・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ペットボトルの水を使って業績改善の説明をする戴正呉・シャープ社長=2016年8月22日、川平愛撮影
ペットボトルの水を使って業績改善の説明をする戴正呉・シャープ社長=2016年8月22日、川平愛撮影

シャープは再生するか(1)

 台湾の鴻海(ホンハイ)グループによるシャープへの資本の払い込みが8月12日に完了し、鴻海による新体制になったシャープがようやく船出した。創業以来104年の歴史を誇るシャープが、海外資本のもとで再スタートを切る。

 新たにシャープ社長に就任した鴻海グループ副総裁の戴正呉氏は、13日に社外に向けて発信したメッセージのなかで、今回の出資を「新たな歴史の第一章」と位置づけ、「世界的な企業であるシャープの再建に向け、大きな責任を担うことを誇りに思い、その責務を全力で果たしていく」と語る。

 そして、22日に社員に向けて社内ホームページで今後の経営方針を明らかにし、「私の使命は、短期的には…

この記事は有料記事です。

残り1309文字(全文1613文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

大河原克行

ジャーナリスト

1965年、東京都生まれ。IT業界の専門紙「週刊BCN(ビジネスコンピュータニュース)」の編集長を務め、2001年フリーランスジャーナリストとして独立。電機、IT産業を中心に幅広く取材、執筆活動を行う。著書に「ソニースピリットはよみがえるか」(日経BP社)など。