メディア万華鏡

メダリストと家族との関係を考えさせられたリオ五輪

山田道子・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷
レスリング女子53キロ級決勝で敗れた吉田沙保里選手を抱き寄せる母・幸代さん(中央)=2016年8月18日、梅村直承撮影
レスリング女子53キロ級決勝で敗れた吉田沙保里選手を抱き寄せる母・幸代さん(中央)=2016年8月18日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪が終わりに近づいた8月20日の毎日新聞朝刊「メディア時評」で、内田由紀子・京都大こころの未来研究センター准教授(社会心理学)が次のような内容を書いていた。

 「かつて米スタンフォード大学との共同研究で、2000年シドニー、04年アテネの五輪報道の日米比較を行った。日本では選手の背景や頭角を現す前の姿、家族や指導者との関わりなど『人間ドラマ』に焦点が当てられており、選手への親近感を覚えさせる。アメリカでは身体的特徴やライバルとの競り合いを分析する内容の報道が多かった」

この記事は有料記事です。

残り2167文字(全文2412文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。