スキル・キャリアキャリアセンター ここだけの話!?

「10月1日大量内定辞退?」におびえる企業と大学

都内・某共学大進路指導担当

 9月に入った。暦の上では秋は深まっていくが、就活生にとってはまだまだ残暑は厳しい。

内定者は理工系約8割、文系約6割

 企業の採用担当者は「役員による最終面接はちゃんとした服装で来てもらいたいが、それまでは上着を脱いでも構わない」と言うものの、「少しでも落ち度があると思われたら、ライバルに負けてしまう」と気にする就活生は、ジャケット(上着)を着用して企業を訪問している。

 学部や学科、もちろん大学によっても差はあるが、現時点で内定を持っている学生は理工系で7、8割、文系で5、6割だろうか。「売り手市場」と言われるが、進路が決まらない学生はたくさん残っている。

 大手企業の中には追加募集をするところもあり、簡単には志望先を中堅・中小企業に切り替えられないのが実情だ。私たちが「もっと現実を直視しないと……」とアドバイスしても、「いえ、もう少し頑張ります」といった言葉が返ってくる。

 そうした就活生たちは、キャリアセンターに顔を出すと「うちの学部(学科)で就活を続けているのはあと何人くらいですか」と聞いてくる。やはり周りが気になるらしい。

 早々と就職先を決めた同級生たちは、海外旅行を満喫している。「これ以上、取り残されたくない」。そんな気持ちも見え隠れする。

キャンパスで談笑する大学生=森田剛史撮影
キャンパスで談笑する大学生=森田剛史撮影

9月のキャンパスで遠慮がちに見える就活生

 大学によっては、9月中旬から後期の授業が始まる。1年生から3年生までの学生たちが闊歩(かっぽ)するキャンパスでは、リクルートスーツ姿の就活生たちはちょっと遠慮がちに見える。

 そういう彼ら、彼女たちに対して私たちができることは、繰り返し面接の練習をして、一日も早く内定をもらい、就職活動を終えさせること。けれど、面接が苦手な彼らにとって、「あと一歩」に届くのは簡単ではない。

 1カ月足らずで10月1日がやってくる。多くの著名企業はこの日に内定式を行うはずだ。そのタイミングで大量に「内定辞退」が出て、就職戦線は混乱するのではないかと予想する人たちもいる。

 本当のところはどうなのだろう。私たち就活支援の大学職員にとっても予想がつかない事態が待っているのかもしれない。

    ◇    ◇

 キャリアセンターは、大学生の就職活動を支援する学内組織です。キャリアセンターのベテラン職員が、学生の悩みや就活戦線の動きをつづります。毎週水曜日に掲載します。

経済プレミア最新記事へ

キャリアセンター ここだけの話!?

オープンキャンパス宣伝文句は「就活支援と就職先」

就活日程よりインターンシップが気になる3年生

人事もチェックする就活生「調子乗りすぎ」SNS

都内・某共学大進路指導担当

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
地下化されたワルシャワ中央駅上の広場。スターリン建築と民主化後のビルが林立する(写真は筆者撮影)

西に移動させられた国ポーランド 首都ワルシャワの今

 ◇ポーランド・ワルシャワ編(1) 36年前、高校の文化祭のディベートで、「史上最大の英雄は誰か」というお題に、「ポーランドで共産…

メディア万華鏡
週刊文春11月1日号

メディア騒がすドタキャン沢田研二の「格好いい老後」

 騒ぎ過ぎじゃないか。取り上げ方の息もなんだか長い。ジュリーこと沢田研二さん(70)が、10月17日にさいたまスーパーアリーナで予…

職場のトラブルどう防ぐ?

「部下の夫から連日クレーム」42歳女性上司の困惑

 A美さん(42)は、夫が院長を務めるクリニックの事務長を務めています。2カ月前から経理担当として働いているB子さん(33)の夫か…

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…