キャリアセンター ここだけの話!?

「10月1日大量内定辞退?」におびえる企業と大学

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 9月に入った。暦の上では秋は深まっていくが、就活生にとってはまだまだ残暑は厳しい。

 企業の採用担当者は「役員による最終面接はちゃんとした服装で来てもらいたいが、それまでは上着を脱いでも構わない」と言うものの、「少しでも落ち度があると思われたら、ライバルに負けてしまう」と気にする就活生は、ジャケット(上着)を着用して企業を訪問している。

 学部や学科、もちろん大学によっても差はあるが、現時点で内定を持っている学生は理工系で7、8割、文系で5、6割だろうか。「売り手市場」と言われるが、進路が決まらない学生はたくさん残っている。

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1084文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。