「学ぶこと働くこと」現代就活模様

“就活迷走女子”が最後に頼った就職エージェント

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
デスクワーク中の伊藤あゆみさん
デスクワーク中の伊藤あゆみさん

就活迷走女子(1)

 大学4年生の今年の就活はヤマ場を越えた。ちょうど昨年の今ごろ、リクルートスーツに身を包み就活に臨んでいた伊藤あゆみさん(24)=当時上智大4年生=はいま、食品系ベンチャー企業の新人社員として、広報担当を務めている。

 伊藤さんについては、この連載「「学ぶこと働くこと」現代就活模様」で、「「自分を変えたい」女子大生が挑んだ2度の留学」など、就活を前にした動きを3回シリーズの記事で紹介した。伊藤さんは3年生の秋になっても就職への意識が固まらず、9カ月間の米国留学に旅立った。帰国後、1年遅れたが、2015年3月の就活解禁で、企業説明会やOB訪問を始めたところで記事は結ばれていた。

 伊藤さんはその後、どのような就活をして今の職に就いたのだろうか。この1年間を追った。

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文2021文字)

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。