ベストセラーを歩く

“そこでしか生きられない”安心と切なさ「コンビニ人間」

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷
芥川賞受賞の記者会見で撮影に応じる「コンビニ人間」の著者、村田沙耶香さん=2016年7月19日、長谷川直亮撮影
芥川賞受賞の記者会見で撮影に応じる「コンビニ人間」の著者、村田沙耶香さん=2016年7月19日、長谷川直亮撮影

 コンビニにはどこか懐かしさが漂っている。近くにあると安心するし、ついつい頼りにしてしまう。

 夜中にはそこだけ明るく輝いていてホッとするし、正月でもお盆でも関係なく営業している。全国どこにでもあるし、置かれている商品も同じチェーンなら、大きな相違はない。品質も一定の保証はされている。店員は愛想よく迎えてくれる。

 私たちは知らない間にコンビニ依存症になりかねないといえば、大げさだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1315文字(全文1509文字)

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。