日産「セレナ」の運転席=2016年8月24日、永井隆撮影
日産「セレナ」の運転席=2016年8月24日、永井隆撮影

政治・経済消費者に刺さるモノづくり

「環境対策EV+自動運転」日産が目指す新たな道

永井隆 / ジャーナリスト

日産の「自動運転」車(2)

 自動運転技術を採用したミニバンの新型「セレナ」を8月に発売した日産自動車の首脳は、「ファミリーカーのセレナから自動運転の導入を始める。自動運転も電気自動車(EV)も、まずは広く普及させるのが日産の方針だ。富裕層だけを狙うのとは違う」。

 これは、自動運転技術で先行する米EVベンチャーのテスラ・モーターズとの違いを強調した発言だ。

 テスラの電気自動車はターゲットが富裕層に限定される。これに対し日産は、「環境意識の高い人」向けに、…

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1464文字)

永井隆

永井隆

ジャーナリスト

1958年群馬県桐生市生まれ。明治大学卒。東京タイムズ記者を経て、92年にフリージャーナリストとして独立。「サントリー対キリン」(日本経済新聞出版社)など著書多数。