「学ぶこと働くこと」現代就活模様

内定を受け入れず渡米した女子学生の終わらぬ挑戦

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
伊藤あゆみさん=現在の勤務先で
伊藤あゆみさん=現在の勤務先で

就活迷走女子(2)

 長くてつらい就活の末に、就職エージェントの仲介でITベンチャー企業の営業職に内定を得た伊藤あゆみさん(24)=当時上智大4年生。だが、両親や姉の反対に遭い、就活の最終コーナーで3度目の渡米をすることになった。昨年11月下旬のことだ。

 「ボストンキャリアフォーラム」は、米ボストンで、毎年秋に数日間にわたって開かれる就活イベントである。日本の人材サービス企業の現地法人の主催で、通称「ボスキャリ」と呼ばれている。

 日本語と英語の優秀なバイリンガルを求め、主に日本企業が参加する。それを目当てに米国をはじめ各国から…

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文2033文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。