自動車不正リポート

「法令ギリギリ拡大解釈」燃費計測は三菱自の伝統?

編集部
  • 文字
  • 印刷
三菱自動車本社=2016年5月12日、望月亮一撮影
三菱自動車本社=2016年5月12日、望月亮一撮影

再計測でも不正(2)

 RVRやパジェロ、ミラージュなど三菱自動車の8車種について、国土交通省が販売自粛を指示したことを受け、8月30日午後6時から、三菱自動車の益子修会長兼社長が、東京・田町の本社会議室で記者会見した。

 国交省は、8車種の実際の燃費値がカタログ記載値を大きく下回っているうえ、三菱自動車が燃費を再計測した際の、走行抵抗値の計測方法に不正があったと断定した。計測を何度も繰り返し、最も良い数値を三つ選んで平均を取る三菱のやり方は「法規に定められた試験法の趣旨に反する」というのが国交省の判断だった。

 ところが、記者会見で益子氏は、質疑の冒頭、次のような発言をした。

この記事は有料記事です。

残り1535文字(全文1824文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz