マサチューセッツ工科大学のコンピューター科学・人工知能研究所=2016年8月、清水憲司撮影
マサチューセッツ工科大学のコンピューター科学・人工知能研究所=2016年8月、清水憲司撮影

グローバル海外特派員リポート

最先端AIは驚異的な速さで“常識”を獲得している

清水憲司 / 毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

人工知能(1)

 米国で人工知能(AI)の開発が加速している。ネット空間を飛び出し、自動運転車やロボット、家電製品などに搭載され、現実社会で活用される日も遠くない。日常生活に溶け込むために鍵になるのは、「自然な言葉」を交わし、相手の「感情」を理解するなど、人間のような「常識」を身につけたAIの開発だ。この分野で先頭を走る米東部ボストンのマサチューセッツ工科大学(MIT)を訪ねた。

 ボストン近郊の市街地に円柱や三角すいを組み合わせたカラフルな建物がある。MITのコンピューター科学…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1493文字)

清水憲司

清水憲司

毎日新聞北米総局特派員(ワシントン)

1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を経て99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て2004年経済部に移り、流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当し、東日本大震災後には特別報道グループで核燃料サイクル政策も取材した。14年北米総局の特派員となり、米国経済の動向や企業取材を担当している。