海外特派員リポート

最先端AIは驚異的な速さで“常識”を獲得している

清水憲司・毎日新聞経済部記者(前ワシントン特派員)
  • 文字
  • 印刷
マサチューセッツ工科大学のコンピューター科学・人工知能研究所=2016年8月、清水憲司撮影
マサチューセッツ工科大学のコンピューター科学・人工知能研究所=2016年8月、清水憲司撮影

人工知能(1)

 米国で人工知能(AI)の開発が加速している。ネット空間を飛び出し、自動運転車やロボット、家電製品などに搭載され、現実社会で活用される日も遠くない。日常生活に溶け込むために鍵になるのは、「自然な言葉」を交わし、相手の「感情」を理解するなど、人間のような「常識」を身につけたAIの開発だ。この分野で先頭を走る米東部ボストンのマサチューセッツ工科大学(MIT)を訪ねた。

 ボストン近郊の市街地に円柱や三角すいを組み合わせたカラフルな建物がある。MITのコンピューター科学…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1493文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

清水憲司

毎日新聞経済部記者(前ワシントン特派員)

 1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を卒業後、99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て、東京経済部で流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当した。2014~18年には北米総局(ワシントン)で、米国経済や企業動向のほか、通商問題などオバマ、トランプ両政権の経済政策を取材した。