「学ぶこと働くこと」現代就活模様

迷走女子は“サバンナ”食品ベンチャーで生き残れるか

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷
弁当のサンプルを吟味する伊藤あゆみさん
弁当のサンプルを吟味する伊藤あゆみさん

就活迷走女子(3)

 内定を得たIT系ベンチャー企業に行くつもりだった、伊藤あゆみさん(24)=当時上智大4年生。伊藤さんは今年2月、卒業直前の春休み中にアルバイト感覚でインターンシップをした食品系ベンチャー企業に魅力を感じ、そこに就職する決意をする。その最後の関門が社長面接だった。

 この会社は2009年の創業。東京都渋谷区に本社があり、法人・団体向けのお弁当宅配&ケータリングが主力だ。ネットで注文を受け、全国に配送する。札幌から福岡まで6支社があり、従業員は約350人。

 2月下旬、創業者である社長(39)の面接を受けた。社長は楽天でピザやお弁当など宅配事業の開始に携わ…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1684文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。