部下を伸ばす上司 ダメにする上司

怒鳴っても部下に慕われる課長の「決めぜりふ」

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 多くのファンに親しまれてきたマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、約40年に及ぶ連載を終了すると報じられました。この作品の主人公「両さん」こと両津勘吉の上司として登場するのが、大原巡査部長です。いつも問題を起こす両さんを怒鳴りつけ、ときに厳しい懲罰を下しますが、常に部下から慕われている人です。

 マンガのキャラクターである大原部長のようにはいきませんでしたが、筆者も部下を率いていたときにはいろいろと試行錯誤しました。厳しくしているだけでは部下から疎まれますし、一方で優しいだけでは軽んじられてしまいます。

 そうした中で、一時期常駐していた顧客の企業に、上司としての振る舞いのヒントになる課長がいました。

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1483文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。