スキル・キャリア思いを伝える技術

会議の報告書は「話し言葉」を意訳して「叙述文」に

川井龍介 / ジャーナリスト

 あるNPOの事務局で働くKさんは、「会議の報告書を作成する機会が多いんだけど、どうもうまく書けない」と、首をかしげます。数人の出席者による会議の内容をまとめる報告書です。参加していない関係者にも後日提出しなくてはならないので、わかりやすく整理する必要があります。

 Kさんがもっとも悩むのは、会議が全体としてどのようなものだったのかを、出席者の発言を交えてまとめるときの構成の仕方だといいます。会議では、進行にあわせていろいろな意見が出るからです。

 例えば、一般を対象にした「研修生の募集」について話し合ったとします。このなかで、「組織の活動PRも…

この記事は有料記事です。

残り1333文字(全文1607文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。