会談前に握手を交わす安倍晋三首相(左)と中国の習近平国家主席=2016年9月5日(代表撮影・共同)
会談前に握手を交わす安倍晋三首相(左)と中国の習近平国家主席=2016年9月5日(代表撮影・共同)

グローバル海外特派員リポート

対米蜜月と対日強硬を演出した中国G20は成功したか

赤間清広 / 毎日新聞中国総局特派員(北京)

中国・杭州G20リポート(2)

 中国・杭州(浙江省)で9月4〜5日に開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議では、中国が自らの存在感のアピールに腐心した様がさまざまな場面で見て取れた。

 それが際だった舞台が、首脳会議の合間を縫って断続的に開かれた各国首脳との個別会談だった。

 習主席はG20開幕前日の3日、米国のオバマ大統領と共同で地球温暖化防止に向けた国際的な新しい枠組み「パリ協定」への批准を表明。その後、夕食を含め約4時間にわたり意見交換した。

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1545文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

赤間清広

赤間清広

毎日新聞中国総局特派員(北京)

1974年、宮城県生まれ。宮城県の地元紙記者を経て2004年に毎日新聞社に入社。気仙沼通信部、仙台支局を経て06年から東京本社経済部。経済部では財務省、日銀、財界などを担当した。16年4月から現職。中国経済の動きを追いかけている。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

知ってトクするモバイルライフ
ディスプレーを折りたためる「フレックスパイ」

5Gに向け新作スマホ「二つ折り画面」は普及するか

 米ラスベガスで1月8~11日、世界最大の家電・IT見本市「CES」が開かれた。 パソコン、テレビから人工知能(AI)を採用した白…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…