くらし高齢化時代の相続税対策

身内との骨肉の争いを避けるには一にも二にも契約書

広田龍介 / 税理士

 東京都新宿区のAさん(73)は、妻(72)、長女(45)、次女(43)の4人家族。今から10年前、駅徒歩7分の閑静な住宅街に地下1階、地上3階建てで、地震にも強い鉄筋コンクリート造りの自宅を建てた。

 建設当時、娘2人はまだ独身だったので、結婚して家族を持ってもプライバシーを守りながら暮らせるようにと、2階、3階は玄関・水回りを別々にし、場合によっては賃貸できるようにした。

 いつまでも家族みんなで楽しめるように、1階と地下1階部分は内階段でつなげた。地下1階のシアタールー…

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1472文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。