経済プレミアインタビュー

黒田日銀が国債を直接引き受けたら超インフレの悪夢

編集部
  • 文字
  • 印刷
麻生太郎財務相との会談後、記者の質問に答える黒田東彦日銀総裁(右)=2016年8月2日、森田剛史撮影
麻生太郎財務相との会談後、記者の質問に答える黒田東彦日銀総裁(右)=2016年8月2日、森田剛史撮影

「どアホノミクスの総括」浜矩子さんに聞く(2)

 安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」を「どアホノミクス」と批判し続けている浜矩子・同志社大学大学院ビジネス研究科教授。浜さんのインタビューは、国債や株式の大量購入を続けている今の日銀の金融政策の行き着く先に話が進んだ。浜さんは、恐慌か統制経済化が進む可能性を指摘する。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長】

 −−日銀の「マイナス金利」や「国債の大量購入」、さらに日銀は株式も上場投資信託(ETF)という商品…

この記事は有料記事です。

残り1719文字(全文1947文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz