ニッポン金融ウラの裏

スマホで口座取引の時代に「銀行支店長」は必要か

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 メガバンクなど金融機関が過去にはなかったほど厳しい内容の中期ビジョンを検討し始めている。その背景にあるのは日銀によるマイナス金利政策がこの先も継続するという見通しだ。数年後、従来では想定できなかったような金融機関が出現していてもおかしくない。

 「支店長は、店長と呼ばれているかもしれない」

 あるメガバンクの幹部はこう言って、個人向けなどリテール業務を担う支店の在り方が抜本的に変わる可能性を示唆する。

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1621文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。