街の文化漂う 秘蔵の宿

Nゲージが走る特別室 秋葉原ワシントンホテル

稲葉なおと・紀行作家、一級建築士
  • 文字
  • 印刷

素泊まり5850円(税込み)〜

 JR秋葉原駅中央改札口を出て右に歩き出す。するとすぐ正面に今回のホテルが見える。14階建て。全369室。

 訪日外国人の増加で注目される街のひとつが秋葉原だ。電気街やオタクの街として語られることが多いので観光宿泊に目がいきがちだが、さまざまな路線が乗り入れるターミナル駅であることからビジネス宿泊の需要も大きい。

 このホテルでは、客室へのお届け朝食も可能なレディースフロアを設けるなど、ビジネス宿泊のニーズを意識…

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文1863文字)

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)