部下を伸ばす上司 ダメにする上司

自分にできなかったことを命じた星野さんは名監督

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 今シーズンのプロ野球セ・リーグを制したのは、日本一厳しい練習で知られる広島東洋カープでした。実に25年ぶりのことです。そのカープの選手、監督として活躍した山本浩二さんが、練習の厳しさに目を丸くした他チームの監督がいます。中日ドラゴンズの元監督で親交の深い星野仙一さんです。

 星野さんの厳しい練習を野球解説者として見た山本さんが「今、選手たちにさせている程度に現役時代のお前が練習していれば、もっと長く現役を続けられたのでは?」と聞くと、星野さんは即座に「自分ができなかったことを選手にやらせるからいいんじゃないか」と答えたそうです。

 プロフェッショナルの世界なので才能の問題もありますが、監督が自分のできた範囲の練習しか選手にさせな…

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1777文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。