知ってトクするモバイルライフ

ついに搭載「おサイフiPhone」は10月下旬スタート

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
購入したiPhone 7や7 Plusを手に笑顔を見せる大学生=東京都渋谷区のアップルストア表参道店で、竹内紀臣撮影
購入したiPhone 7や7 Plusを手に笑顔を見せる大学生=東京都渋谷区のアップルストア表参道店で、竹内紀臣撮影

 iPhone 7、7 Plusの日本版は、フェリカと呼ばれる非接触型ICカードを搭載している。これによって、10月下旬から、スイカやiD、クイックペイといった決済サービスが利用可能になる。

 フェリカは国際的な標準規格になっており、香港などの一部国や地域でも採用されているが、圧倒的に普及しているのはやはり日本になる。

 iPhoneのライバルでもあるアンドロイドを搭載したスマホは、メーカーや通信事業者のカスタマイズが…

この記事は有料記事です。

残り1797文字(全文2006文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。