マンション・住宅最前線

中古と新築の価格が連動しない昨今マンション事情

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 これまで、日本の中古住宅の価格は、新築住宅の価格に連動して動いてきた。

 新築住宅が値上がりすると、中古の価格も少し時間をおいてから上がり始める。「新築があれだけ高くなったのだから、中古も高くしてもよいだろう」と、強気で売り出す人が多くなるので、中古住宅価格が上がるわけだ。

 一方、値下がり局面では、先に値下がりし始めるのは中古住宅の方だ。思い通りの値段で売れなくなっても、不動産会社は資力があるので、簡単には値下げしない。なんとか希望通りの値段で売れないかと尽力し、値下げの決断を先延ばしする。

 これに対し、中古を売ろうとする個人はいつまでも先延ばしできるわけではない。「次に買う家の契約が迫っ…

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1615文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。