下流化ニッポンの処方箋

ブラック企業と戦う武器は「労働法の知識と実践」

藤田孝典・NPO法人ほっとプラス代表理事
  • 文字
  • 印刷

 飲食店チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」でアルバイトをしていた男子大学生Aさんは今、フランチャイズ運営会社を相手取って未払い賃金や慰謝料を求める裁判を起こしています。その勤務は、過酷でした。

 4カ月間休みなしで1日12時間以上も働き、シフト調整や店舗管理など本来は正社員がやるべき基幹労働まで任されていました。授業にも試験にも出られず、2015年度前期の単位をすべて落としました。

 辞めたいと申し出たAさんに対し、当時の女性店長は「懲戒解雇だ。懲戒解雇になったら就職もできない」「…

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2304文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

藤田孝典

NPO法人ほっとプラス代表理事

1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学人間福祉学部客員准教授、反貧困ネットワーク埼玉代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。ソーシャルワーカーとして現場で生活困窮者支援をしながら、生活保護や貧困問題への対策を積極的に提言している。著書に「貧困クライシス 国民総『最底辺』社会」(毎日新聞出版)「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」「ひとりも殺させない」「貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち」など。