「うにの土鍋ご飯」(2400円税別、以下同)は2〜3人向けの内容。そのぜいたくさに驚きの声が上がるだろう
「うにの土鍋ご飯」(2400円税別、以下同)は2〜3人向けの内容。そのぜいたくさに驚きの声が上がるだろう

くらしこの酒場この一品

最後にもう一杯飲みたくなる“絶品”締めの魚介ごはん

印束義則 / ライター

東京・町田「風土旬彩 伊吹」

 「いやー、飲んだ。最後はお茶漬けをかき込みたいね」「いや、最後は焼きおにぎりでしょう!」。締めのごはんメニューは酒とは切っても切れない関係にあり、飲んべえの数だけこだわりがある。散々食べたのだから、最後は余韻を味わいながらシンプルに締めたいもの。

 「このお店の締めのごはんメニューは何がおすすめ? えっ、『うにの土鍋ご飯』や『秋刀魚の棒寿司』、『鰹の漬け茶漬け』だって。いいねえ、さすが魚が売り物のお店。全部、魚介のごはんメニューだね。じゃあ『うにの土鍋ご飯』をください」

 そして、食べながら、ふとこう思ってしまった。「やばい、これは酒が飲みたくなる。うーん。すみません、…

この記事は有料記事です。

残り1301文字(全文1602文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
グーグルが発売するピクセル3(右)とピクセル3XL(左)

グーグル初の自社製スマホ「ピクセル3」の出来栄え

 グーグルが、自社製のスマートフォンとしては初となる「ピクセル3」「ピクセル3XL」を11月1日に発売する。 グーグルのオンライン…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの街。世界遺産のペチェールシク大修道院からドニエプル川と対岸の新市街を望む(写真は筆者撮影)

ウクライナ首都キエフ 東欧最大の都市に何があるのか

 ◇ウクライナ・キエフ編(1) 肥沃(ひよく)で実りの多い場所に、文明が栄え、豊かな国ができる。古代の四大文明や、近現代の米国はそ…

職場のトラブルどう防ぐ?

「自己都合?会社都合?」明確な退職理由が必要なワケ

 A男さん(54)は、従業員数約200人の金属部品加工会社の総務部門の責任者です。先日、工場を退職したB輔さん(27)の離職理由に…

ニッポン金融ウラの裏
東京都江東区で2018年4月1日、丸山博撮影

ノルマ営業を続ける銀行の「売り手発想と時代錯誤」

 銀行業界で、支店の業績評価方式を見直す動きが起きている。金融庁が求めている「顧客本位の業務運営」を営業現場で徹底させるためだ。だ…

メディア万華鏡
「新潮45」10月号に掲載された記事

「新潮45」休刊騒ぎのなかで責任を果たさない人たち

 「新潮45」の休刊騒ぎで思い出した小説がある。出版業界の小説をめぐる内幕を描いた東野圭吾さんの短編集「歪笑小説」(集英社文庫)に…