職場のハラスメントどう防ぐ?

ゴールが見えずに働かされた? 電通新人女性の悲劇

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷
電通本社に強制の立ち入り調査に入る東京労働局と三田労働基準監督署の職員=2016年10月14日、内藤絵美撮影
電通本社に強制の立ち入り調査に入る東京労働局と三田労働基準監督署の職員=2016年10月14日、内藤絵美撮影

 広告代理店大手・電通の新入社員女性の自殺がニュースで大きく取り上げられ、長時間労働への批判と危機感が強まっています。

 東京都港区の三田労働基準監督署は9月30日付で、女性の死亡を労災認定しました。実は、自殺は自己の意思で命を絶つ行為で、本来は労災給付の対象になりません。労働者災害補償保険法には「労働者が、故意に負傷、疾病、障害もしくは死亡またはその直接の原因となった事故を生じさせたときは、政府は保険給付を行わない」と規定しています。

 自殺が労災認定されるのは、過重な労働などが原因で→精神疾患を発症し→自殺に至った──という因果関係…

この記事は有料記事です。

残り2029文字(全文2298文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/