週末シネマ

ビジュアルと物語性「君の名は。」現象の読み解き方

  • 文字
  • 印刷
(c)2016「君の名は。」製作委員会
(c)2016「君の名は。」製作委員会

 アニメ映画「君の名は。」が、公開から8週連続で興行収入1位を記録した。これまでの興収は150億円、観客動員も1100万人を超え、歴代10傑入りをうかがう勢いだ。こんなに当たるとは誰も予想しなかった。いったいなぜ? ズバリと答えられたら名プロデューサーだが、今回は後付けながら「君の名は。」現象を分析する。

 「君の名は。」の興行的な“実力”をシビアに評価したら、配給の東宝が当初期待していた興収20億円程度だろう。新海誠監督の名前は一部に知られていたぐらいだったし、原作のないオリジナル脚本による高校生のラブストーリーで、しかもアニメ。20億円でも大健闘だ。

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文2062文字)