経済プレミア・トピックス

売り出し価格2600円・上場JR九州三つの課題

梅原淳・鉄道ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ななつ星は上場する九州の看板列車=津村豊和撮影
ななつ星は上場する九州の看板列車=津村豊和撮影

 JR九州の上場がいよいよ迫ってきた。同社の株式は10月25日から東京証券取引所1部で、翌26日から福岡証券取引所でそれぞれ売買が始まる。

 1株当たりの売り出し価格は2600円。JR九州の発行済み株式数は1億6000万株で、売り出し価格を基準とした時価総額は4160億円と、2016年の新規上場ではLINEの約6930億円に次ぐ。売り出し価格の2600円はJR九州が仮条件として設定した2400~2600円の上限だ。投資家の期待は高いが経営の課題も多い。

この記事は有料記事です。

残り1672文字(全文1899文字)

梅原淳

鉄道ジャーナリスト

1965年生まれ。三井銀行(現三井住友銀行)、月刊「鉄道ファン」編集部などを経て、2000年に鉄道ジャーナリストとして独立。「最新新幹線事情」(平凡社)、「鉄道ダイヤを支える技術」(秀和システム)をはじめ多数の著書があり、経済誌などにも寄稿を行う。