くらしニッポンの給料

「1時間で稼げる額」が会社選びの一つのポイント

神田靖美 / リザルト株式会社代表取締役

 一概にサラリーマン個々人の年収額を比較しても、その額を稼ぐ効率がよいのかどうかはわかりません。日本では企業ごとに労働条件が違うので、例えば異なる企業で年収額が同じ社員がいたとしても、年間の労働時間数などが異なるケースもあります。

 賃金を比較する上では、1時間当たりの金額、つまり「時給」が高いか低いかを判断する方が実態に合っています。前回は、サラリーマンの平均時給を調べ、残業時間やサービス残業などの統計的な数字を用いて、名目上の時給を計算しました。その額は、2205円でした。

 ただ、この2205円は名目上の数字で、サラリーマンの労働の実態をしっかりと反映しているとはいえませ…

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文2021文字)

神田靖美

神田靖美

リザルト株式会社代表取締役

1961年生まれ。上智大学経済学部卒業後、賃金管理研究所を経て2006年に独立。著書に「スリーステップ式だから成果主義賃金を正しく導入する本」(あさ出版)、「社長・役員の報酬・賞与・退職金」(共著、日本実業出版社)など。日本賃金学会会員。早稲田大学大学院商学研究科MBAコース修了。