部下を伸ばす上司 ダメにする上司

組織を進化させる魔法の発想「外部の人は宝の山」

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 現在、筆者は経済産業省の政府CIO(内閣情報通信政策監)の補佐官として、海外の電子政府事情を調査しています。その結果から、電子政府のキーである国民IDカード(日本のマイナンバーカードに相当)の利用で、日本がかなり遅れていることがわかります。

 例えば、カードがあれば、出産、教育、医療、転居、社会保険、年金などの行政サービス手続きをスマホで済ませることができる国が多々あります。投票やネットバンキングなどにカードが活用されている例も少なくありません。長くIT関連の仕事をしてきましたが、この調査で初めて知ることばかり。まさに「井の中のかわず」でした。

この記事は有料記事です。

残り1809文字(全文2084文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。