経済プレミア・トピックス

韓国・朴大統領が孤独ゆえに陥った大スキャンダル

大澤文護・千葉科学大学教授
  • 文字
  • 印刷
政権発足以来最大のピンチに陥った韓国・朴槿恵大統領
政権発足以来最大のピンチに陥った韓国・朴槿恵大統領

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(64)をめぐる大スキャンダルに、韓国国民はあぜんとしている。一部の韓国メディアが、政府機密文書が政府関係者でもない一般人に漏えいしていると伝えたことがきっかけだった。

 漏えいしたのは大統領の演説原稿やスケジュールなど、国家安全保障に直結しかねない文書で、事の重大さに朴大統領自ら国民に謝罪した。漏えい先とされた女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)氏(60)は10月31日、検察当局に緊急逮捕された。だが、それでも騒動が収まらないとみられるのは、崔順実氏があまりにも「きな臭い」経歴の人物だからだ。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2089文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

大澤文護

千葉科学大学教授

1957年東京生まれ。1980年毎日新聞社入社。1997~2002年ソウル特派員、04~08年マニラ支局長、09~11年ソウル支局長、11~13年毎日新聞東京本社編集編成局編集委員。2013年10月から現職。