大学3年生向けに開かれたインターンシップの企業説明会=2015年7月11日、渡辺精一撮影
大学3年生向けに開かれたインターンシップの企業説明会=2015年7月11日、渡辺精一撮影

マネー・金融経済を読む

就職活動の3カ条「なめない・折れない・数を打つ」

塚崎公義 / 久留米大学商学部教授

就活に向けて(1)

 筆者は大学で就職の責任者をしています。学生や保護者に送っているメッセージを4回に分けて紹介します。

 この時期、各大学では、未内定の4年生の就活支援に加え、3年生向けの各種指導が本格化しつつあります。来年3月の就職活動本格化に向けて、履歴書の書き方や模擬面接などの講習会を開いたり個別指導を行ったりするわけです。

 そうした中、筆者の大学では、少し前ですが、保護者向けの就職説明会を開催しました。第1回は、筆者がそ…

この記事は有料記事です。

残り2023文字(全文2238文字)

塚崎公義

塚崎公義

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関係の仕事に従事した後、2005年に銀行を退職して久留米大学へ。「退職金貧乏 定年後の『お金』の話」「老後破産しないためのお金の教科書」「増補改訂 よくわかる日本経済入門」「世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書」「なんだ、そうなのか! 経済入門」など著書多数。