猫ブームの光と陰

捨てられてのたれ死ぬ野良猫たちの悲惨な最期

駅義則・元時事通信記者
  • 文字
  • 印刷
十数年にわたり公園で暮らしていたボスのメス猫。最後は雨に打たれて死んでいた=駅義則撮影
十数年にわたり公園で暮らしていたボスのメス猫。最後は雨に打たれて死んでいた=駅義則撮影

 猫の繁殖力は非常に強い。環境省のパンフレットによると、メス猫は生後4カ月を過ぎれば妊娠可能で、1回当たり4~8匹の子を産む。子供同士も交尾するため、1年後には20匹以上、2年後には80匹以上、3年後には2000匹以上に増えるという。

 その割には、街の野良猫が少ないと感じる人も多いのではないだろうか。理由は簡単。病気や事故、虐待で大量に死んでいるからだ。不妊手術をせずに犬や猫を捨てた人は、捨てた個体の数十倍の死を引き起こしていると言っていい。

 2014年夏の午前5時過ぎ、東京都品川区の住宅街の一角で筆者は頭を抱えていた。「あと5分待ってダメなら、夜遅くに出直そう」。もう少しすると通勤や通学の人通りが増え、猫たちが隠れてしまうからだ。

この記事は有料記事です。

残り1910文字(全文2230文字)

駅義則

元時事通信記者

1965年、山口県生まれ。88年に時事通信社に入社。金融や電機・通信などの業界取材を担当した。2006年、米通信社ブルームバーグ・ニュースに移り、IT関連の記者・エディターなどを務めた。また、飼い主のいない猫の保護や不妊化にも携わっている。