映画「横道世之介」の長崎市内のロケ地で、沖田修一監督(中央)、高良健吾さんと話す田上富久・長崎市長(左)
映画「横道世之介」の長崎市内のロケ地で、沖田修一監督(中央)、高良健吾さんと話す田上富久・長崎市長(左)

社会・カルチャー青春小説の系譜

笑いと涙と青春の真実 吉田修一「横道世之介」

鶴谷真 / 毎日新聞学芸部記者

 吉田修一さんの「横道世之介」は、青春小説の新たな金字塔を打ち立てた。長崎から上京して大学生活をスタートさせた横道世之介の18歳から19歳の1年間を描いた。毎日新聞夕刊に2008年4月1日から09年3月31日まで連載されて単行本になり、柴田錬三郎賞に輝いた。

 世之介はごく「フツー」の人物だ。何かを成し遂げようと大志を抱いたり、苦悩と葛藤にうち沈んだりする、いわゆる文学的な「青年」ではない。

 お勉強はテストさえ乗り切ればそれでよし、何となく入ったサンバを踊るサークルは幽霊部員状態(文化祭で…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1913文字)

鶴谷真

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ミンスク駅前広場に今も建つレーニン像。背後のビルもスターリン的(写真は筆者撮影)

ミンスクの街を歩き考えた「ベラルーシ人」とは何者か

 ◇ベラルーシ・ミンスク編(2) 旧ソ連解体後に独立した国の中で唯一、ロシアべったりの体制を続けてきたベラルーシ。その首都ミンスク…

職場のトラブルどう防ぐ?

「ネトゲにはまって遅刻がち」若手社員をどう扱うか?

 A夫さん(46)は、社員数約80人の機械部品製造卸会社で品質管理部の責任者をしています。入社3年目の部下、B輔さん(23)の勤怠…

メディア万華鏡
第38回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、笑顔で拍手をされる天皇、皇后両陛下=高知県土佐市の宇佐しおかぜ公園で2018年10月28日、加古信志撮影

「発信する皇后」美智子さまが平成にもたらしたもの

 「既視感、もう飽きた」--。皇后さまが10月20日、84歳の誕生日を迎えられた。天皇陛下の退位まで半年。皇后として最後の誕生日と…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…