青春小説の系譜

笑いと涙と青春の真実 吉田修一「横道世之介」

鶴谷真・毎日新聞学芸部記者
  • 文字
  • 印刷
映画「横道世之介」の長崎市内のロケ地で、沖田修一監督(中央)、高良健吾さんと話す田上富久・長崎市長(左)
映画「横道世之介」の長崎市内のロケ地で、沖田修一監督(中央)、高良健吾さんと話す田上富久・長崎市長(左)

 吉田修一さんの「横道世之介」は、青春小説の新たな金字塔を打ち立てた。長崎から上京して大学生活をスタートさせた横道世之介の18歳から19歳の1年間を描いた。毎日新聞夕刊に2008年4月1日から09年3月31日まで連載されて単行本になり、柴田錬三郎賞に輝いた。

 世之介はごく「フツー」の人物だ。何かを成し遂げようと大志を抱いたり、苦悩と葛藤にうち沈んだりする、いわゆる文学的な「青年」ではない。

 お勉強はテストさえ乗り切ればそれでよし、何となく入ったサンバを踊るサークルは幽霊部員状態(文化祭で…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1913文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。