IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

端末消えてもiモードは残る「ガラホ」根強い人気

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 ドコモが、らくらくホンをのぞくiモード対応携帯電話の生産を、年内に終了すると発表した。既存の利用者向けにサービス自体は継続するが、今後、新たな端末は登場しない見込みだ。

 理由は、部材の不足やソフトウエアの開発がコスト的な理由で困難になってきたため。iモード向けのサービスから撤退する企業も相次いでいる。

この記事は有料記事です。

残り1733文字(全文1885文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。