メディア万華鏡

超セレブ“ヒラリー”を嫌った非セレブ女性のいらだち

山田道子・元サンデー毎日編集長
  • 文字
  • 印刷
女性の社会進出を阻む「ガラスの天井」をキーワードに米大統領選を戦ったヒラリー・クリントン氏
女性の社会進出を阻む「ガラスの天井」をキーワードに米大統領選を戦ったヒラリー・クリントン氏

 女性の社会進出を阻む「ガラスの天井」をキーワードに米大統領選を戦ったヒラリー・クリントン氏(69)が負けた。筆者自身、思った以上に落胆したことに自分でも驚いた。

 いまだに男性の首相に女性が閣僚として「登用」される日本。世界一の超大国に女性大統領が誕生すれば、日本の「ガラスの天井」打破に少しはプラスの影響があると考えていたからだ。一方、あれほどの才能や経歴に恵まれても打破できないなら、一体誰ができるんだというお先真っ暗感もある。

 多くの日本人女性も考えたようだ。読売新聞は11日朝刊くらし面に「『ガラスの天井』破るには…」、毎日新聞は16日朝刊くらしナビ面に「女性活躍 追い風逃す」という記事を載せ、日本の女性の政治参画を取りあげた。 

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1601文字)

山田道子

元サンデー毎日編集長

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞社入社。社会部、政治部、川崎支局長などを経て、2008年に総合週刊誌では日本で最も歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長、紙面審査委員。19年9月退社。