スキル・キャリア職場のトラブルどう防ぐ?

老親介護の店長を救った「地域限定社員」という制度

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 改正育児・介護休業法が2017年1月1日に施行されます。この改正で、育児や介護休業制度を利用する社員に対する同僚や上司からの嫌がらせ(マタハラなど)を防ぐ措置を取るよう、会社に求める規定が加わります。

 さらに、「仕事と介護との両立支援制度」を拡充しました。介護休業を「対象家族1人につき93日の範囲内で3回まで分割して取得可能」としたり、「介護のために残業免除を申請できる制度」を新設したりしています。

 会社は育児や介護をする社員に一定の配慮をするよう求められます。育児と介護は一つの法律で規定されてい…

この記事は有料記事です。

残り1767文字(全文2019文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/