「この人、この土地」だから生み出せる一品

宮古島発サンゴ礁の贈り物 ふわふわな「雪塩」

編集部
  • 文字
  • 印刷

 東京から南西に2000キロ。サンゴ礁が隆起してできた島、沖縄・宮古島。その地下海水で作ったふわふわでパウダー状の「雪塩」(ゆきしお)と呼ばれる塩がある。ミネラル分を豊富に含み、味はまろやか。小高朋子さん執筆の連載コラム「『この人、この土地』だから生み出せる一品」の番外編として、サンゴ礁からの贈り物を経済プレミア編集部が紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1961文字(全文2127文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz