ニッポンの給料

年収アップのために知っておきたい「労働生産性」

神田靖美・リザルト株式会社代表取締役
  • 文字
  • 印刷

 年末賞与(ボーナス)の支給時期が近づいています。月給と賞与が併存する制度は日本の企業独特のもの。正社員・正職員の平均賞与額(2014年)は、年収の約19%を占めます(厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より)。

 「賞与がもう少し多ければ生活が楽になるのになあ」と考える方は多いでしょうが、ここは、月給と賞与を含めた年収そのもののアップを目指したいものです。そのためにも「労働生産性」と、会社の評価の仕組みを知っておきましょう。

 年収を増やす方法として思い浮かぶのは、所属する会社で自分の成績・評価を上げることでしょう。そのためには、会社の評価の仕方を知る必要があります。例えば、昇給・賞与額を決める要素の一つ「成果主義」による配分が少ない場合、成績・評価を上げても効果は限られます。成果主義の部分が20%しかなければ、良い成績・評価であっても昇給や賞与の額はわずかしか増えません。

 成果主義による配分が大きい場合でも、会社の賃金原資が少ないと大幅増額は見込めません。また、成績・評価がすでに高いランクにある人は、年収が大幅に増える余地が少ないでしょう。評価が上司の主観に基づく場合、どうやって評価を上げればいいかすら分かりません。

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文2075文字)

神田靖美

リザルト株式会社代表取締役

1961年生まれ。上智大学経済学部卒業後、賃金管理研究所を経て2006年に独立。著書に「スリーステップ式だから成果主義賃金を正しく導入する本」(あさ出版)、「社長・役員の報酬・賞与・退職金」(共著、日本実業出版社)など。日本賃金学会会員。早稲田大学大学院商学研究科MBAコース修了。