社会・カルチャーベストセラーを歩く

善と悪のおぼろな境目を描く吉田修一「犯罪小説集」

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 犯罪小説の成否を分けるものの一つは、加害者(犯人)の人物像の描かれ方にどれだけ説得力があるかだ。「心の闇」で済ませてしまうのなら、説明不足の不満を受けかねない。何のための小説か、ということになってしまう。丁寧にいえば、いかに「心の闇」に肉薄するかが問われることになる。

 読者が納得できるぐらいに加害者の心理を描いてほしいというのとは少し違う。犯罪の経緯や犯人の周囲を浮き彫りにしながら、どこで魔がさしたのか、犯人の心の根っこに何があるのか、読者に想像できるように描写してほしいと思うのだ。

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1625文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
10月26日に発売されるiPhone XR

使ってみた「iPhone XR」機能遜色なくコスパいい

 アップルのiPhone XRが10月26日に発売される。同モデルは、9月に登場したiPhone XS、XSマックスよりも価格を抑…

ニッポン金融ウラの裏
日本取引所グループのビル

やっと動き始めた「総合取引所」世界に10年遅れ?

 証券取引所に商品取引所を統合する「総合取引所」が実現に向けて動き出す雲行きとなっている。政府の規制改革推進会議が重点事項のひとつ…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの下町ボディール地区で見つけた秀逸な壁画。この地に流されてきた涙を受け止めているようにも見える(写真は筆者撮影)

キエフを地下鉄で移動 旧ソ連時代の悲惨な歴史を見る

 ◇ウクライナ・キエフ編(2) 欧州最大の沃野(よくや)を持ちながら、1人当たりGDP(国内総生産)では日本の10分の1以下と欧州…

メディア万華鏡

自滅した新潮45と“まっとうな便乗商法”の文芸誌

 「新潮45」は炎上商法のあげく休刊となってしまったが、これに乗じたまっとうな“商法”で注目なのが、日ごろは目立たない文芸誌だ。 …

職場のトラブルどう防ぐ?

トラブルで「土曜全員出勤」有休の社員はどうなる?

 A郎さん(42)は、社員数約30人の事務機器卸会社の経営者です。会社は「完全週休2日制」を導入しています。土曜日の有給休暇の取り…