経済プレミア・トピックス

朴大統領と特権階級に向かった韓国民の怒りと恨み

大澤文護・千葉科学大学教授
  • 文字
  • 印刷
朴大統領の風刺画を並べて抗議
朴大統領の風刺画を並べて抗議

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(64)が11月29日、「国会で決めた手続きに従い大統領職から退く」との談話を発表した。しかし、大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告(60)=11月20日、職権乱用の罪などで起訴=による「国政介入疑惑」をきっかけに始まった毎週末の「ろうそくデモ」で、国民が望んだ“新しい韓国”が生まれるかどうかは不透明だ。

 11月26日夜、極寒のソウルで繰り広げられたデモのニュース映像を見て、韓国市民は今後の政治状況によ…

この記事は有料記事です。

残り1625文字(全文1848文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

大澤文護

千葉科学大学教授

1957年東京生まれ。1980年毎日新聞社入社。1997~2002年ソウル特派員、04~08年マニラ支局長、09~11年ソウル支局長、11~13年毎日新聞東京本社編集編成局編集委員。2013年10月から現職。