社会・カルチャー街の文化漂う 秘蔵の宿

出張の疲れ癒やす ドーミーインプレミアム渋谷神宮前

稲葉なおと / 紀行作家、一級建築士

素泊まり7495円(税込み)~

 ホテルに着いたら、まずは温かなおしぼりで歓迎され、それから無料のひきたてコーヒーやカフェオレでも飲みながら、急ぎのメールやLINEを確認したい。部屋に荷物を置き、すぐに部屋着に着替えて大浴場へ。この季節、できればかんきつ系の香りがする湯にのんびりとつかりながら一日の疲れを癒やしたい--。

 出張や観光で東京を訪れた人の中には、このような希望を抱きつつ予約したホテルへと向かう人も少なくない…

この記事は有料記事です。

残り1654文字(全文1864文字)

稲葉なおと

稲葉なおと

紀行作家、一級建築士

1959年、東京都生まれ。東京工業大学建築学科卒。400軒以上の名建築の宿を宿泊・取材。旅行記、小説、児童文学、写真集を発表している。現在も長編小説を雑誌「ダンスビュウ」に連載中。第10回JTB紀行文学大賞奨励賞受賞。主な著書に「匠たちの名旅館」など。近著に「モデルルームをじっくり見る人ほど『欠陥マンション』をつかみやすい」(小学館)。公式サイトでお勧めホテル、名建築の写真を多数公開中 http://www.naotoinaba.com (顔写真の撮影は寺崎誠三さん)