スキル・キャリア職場のトラブルどう防ぐ?

過重労働で追い詰められた社員が退職を申し出たとき

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 世の中は人手不足です。特に、飲食店やコンビニエンスストアなどのアルバイトの多い業種は人が集まりづらく、正社員の負担が増える傾向にあります。アルバイトの急な欠勤でシフトに穴が開くと、正社員が埋めざるをえず、長時間労働につながります。

 こうした業種では、長時間労働やアルバイト管理のストレスで正社員の心身が不調に陥ることもあるでしょう。すぐに退職したいと思っても、現場の人手を考えると申し出ができなかったり、申し出てもすぐに辞められなかったりするケースもあるようです。

 長時間労働で心身ともに疲労困憊(こんぱい)状態に陥ったコンビニ店長が、うつ状態になり自殺してしまっ…

この記事は有料記事です。

残り1619文字(全文1902文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/